金谷ヒデユキ替え歌芸人は現在人気声優に!ボキャ天時代の年収がすごい!

声優 お笑い
スポンサーリンク

こんにちは! お笑いも声優も大好きなむらさきです♪

さて、今回紹介する人はいろんな肩書のある人物です。

その人物は『金谷ヒデユキ』になります!

『金谷ヒデユキ』は、「お笑い芸人」、「声優」、「ミュージシャン」
という3つの顔を持っています!

私にとっては大好きなお笑いと声優のコラボの記事になります(笑)

『金谷ヒデユキ』という名前を聞いて、生まれた年代によっては
『金谷ヒデユキ』についての印象がかなり変わっているのではないかと思います。

なぜならば『金谷ヒデユキ』は、それぞれの活動の時期があるからです。

昭和生まれの人はお笑い芸人としての印象が強いかもしれません。

逆に平成生まれの人で声優に詳しい人は声優という印象を
持っているのではないでしょうか?

そんなさまざまな顔を持つ『金谷ヒデユキ』について紹介したいと思います!

スポンサードリンク

金谷ヒデユキ替え歌芸人は現在声優に?

まずはじめに、『金谷ヒデユキ』のプロフィールを紹介します!

金谷ヒデユキ,声優,

氏名         金谷 ヒデユキ(かねや ひでゆき)
本名         金谷 英孝(かねや ひでゆき)
生年月日      1965年10月4日
出身地        群馬県
職業         お笑い芸人、声優、ミュージシャン
所属事務所     81プロデュース(以前はプロダクション人力舎に所属)

冒頭でも紹介しましたが、『金谷ヒデユキ』は3つの顔を持っています。

3つの顔を持っている『金谷ヒデユキ』ですが、
「お笑い芸人」、「声優」、「ミュージシャン」とそれぞれの活動経歴があります。

なので、まずはそれぞれ3つの活動について説明したいと思います。

最初に「お笑い芸人」としての活動ですが、
『金谷ヒデユキ』は有名なバラエティ番組に出演していたんです。

その番組は『ボキャブラ天国』です!

昭和生まれの人は『ボキャブラ天国』という番組を
知っている人が多いのではないでしょうか?

『ボキャブラ天国』は、1992年10月から2008年9月まで、
フジテレビで放送していたバラエティ番組になります。

当初は『タモリのボキャブラ天国』として放送されていたんです。

その『ボキャブラ天国』に『金谷ヒデユキ』はギターを演奏しながら替え歌を
歌うというネタを披露していたようです。

そして当時『ボキャブラ天国』に出演していた各芸人さんには
「キャッチフレーズ」がついていて『金谷ヒデユキ』は
『地獄のスナフキン』という「キャッチフレーズ」がついていたんです。

なぜ『地獄のスナフキン』という「キャッチフレーズ」がついたのかというと、
『黒猫のタンゴ』の歌の替え歌で、とあるCMについて皮肉を歌っていたり、
毒舌が目立っていたため、『地獄のスナフキン』と言われていました。

ですが、当の本人は『地獄のスナフキン』という「キャッチフレーズ」は
気に入っていなかったようです(笑)

毒舌だったとのことで『地獄』というフレーズがついたんだと私は思います(笑)

どうやら、『ボキャブラ天国』では主に共演者をネタにした替え歌を歌っていたようです。

そしてライブなどでは、オリジナルの歌も歌っていたみたいです。

当時、『ボキャブラ天国』はとても人気のあった番組で、
現在の若手芸人さんもこの番組のファンが多いことでも有名です。

私がとあるバラエティ番組を観ていたときに、
『ボキャブラ天国』の当時の「キャッチフレーズ」で
どの芸人さんかを当てるということをしていたので、
芸人さんの中でもファンが多かったと思います!

その『ボキャブラ天国』の最終回では、「ボキャブラ最強王座決定戦」で
1位7になり、賞金100万円を獲得したんです!

100万円獲得、羨ましいです(笑)

その後、『金谷ヒデユキ』は芸人としての活動を休止するんです。

そして、ミュージシャンとしてライブを中心として活動を開始します。

2004年3月から『金谷ヒデユキ&JAF』(邪道アコースティックファクトリー)
としてミュージシャンという顔を持ったんです。

金谷ヒデユキ,芸人,

そして、インディーズレーベルからCDを発売したりしています。

ですが、2008年2月に所属していた事務所『ウォーターオリオン』を辞め
2008年5月から新しい事務所『81プロデュース』に所属になったんです。

『金谷ヒデユキ』が所属している事務所、『81プロデュース』は
声優さんが中心に活動している事務所になります。

なので、ゲームやアニメなどの声優活動をしています。

有名なアニメでの作品は『けいおん!!』になると私は思います。

『けいおん!!』では『堀込先生』を演じていたんです!

私は実際に『けいおん!!』のアニメを観ていたので、
『金谷ヒデユキ』が出演していたのを知っていまさらですがビックリしました(笑)

金谷ヒデユキ,年収,

声優としての顔を持った『金谷ヒデユキ』は、
『ドラゴンカフェ声優塾』で講師を務めていたんです!

アニメの他の活動は先ほども書きましたが、
ゲームの声、映画の吹き替えをしています。

声優としての活動もしていますが、芸人としての活動も再開しています。

2016年にはあの人気番組『笑点』で『アンパンマンのマーチ』の替え歌で
ネタを披露していたんです!

同じ年の2016年には、『漫才協会』に入会をしています。

そして『金谷ヒデユキ』は、3つの顔を持つことになったんです!

私としては、芸人さんと声優さんが好きなので
芸人と声優を中心として活動して欲しいと思っています(笑)

ボキャブラ天国時代の年収がすごい?

『金谷ヒデユキ』は、さきほど書いていた通り『ボキャブラ天国』に
出演していました。

そして声優という顔を持った『金谷ヒデユキ』は
『龍が如く』で声優デビューしていてその時のインタビューで
驚きの事実を語っていたんです!

『金谷ヒデユキ』はそのインタビューで語っています。

『一時期年収は数千万もあったが、月収が数千円まで落ちたんだ。』

と語っているんです!

『ボキャブラ天国』時代の活動で数千万という年収を稼いでいたんです!

これは、本人がインタビューで語っているので
年収数千万というのは事実なのではないかと私は思います!

売れている芸人さんはかなり稼いでいると聞きます!

芸人当時はかなり活躍していたということになります。

ですが、芸人としての活動を休止してしまった『金谷ヒデユキ』です。

年収が数千万だったのに、なぜ芸人としての道を歩まなかったのでしょうか?

素人の私からしたら、『そのまま人気芸人として活動していたら・・・。』などと
勝手に思ってしまいます。

本人は芸人としての活動を休止し、ミュージシャン、声優の活動を選んだということになります。

月収が数千円まで落ちていたと語っていますが、
かなり大変な時期だったと思います。

ですが、そのインタビューでは新しい顔を持ったとき
『ボキャブラ天国』の頃より真剣に取り組んだと語っています。

それから、声優の仕事で声をかけてもらえるようになったそうです。

これからの金谷ヒデユキ!

3つの顔を持ち、一時期の年収が数千万から数千円まで落ちていた『金谷ヒデユキ』です。

現在は『漫才協会』に入るなど芸人としての活動も再開しています。

芸人、ミュージシャン、声優の活動です。

さて、これからの『金谷ヒデユキ』はどのように活動するのか
とても気になります!

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ