声優になるには! 中学・高校・大学時代に何をするべき?

声優
スポンサーリンク

最初に、この記事をご覧の皆様が、

一番気になっているであろう事について言及させていただきます。

中学・高校・大学で、演劇部、及び放送部等に所属する事が、将来のためになるか。

ほぼ、役に立ちません。

勿論、全てが無駄とは言いません。

 

人前に立つことに慣れたり、大きな声を出せるようになったり、メリットもあるかと思います。

 

しかし、部活やサークルでの経験が、仕事に繋がるかと訊かれれば、答えはNOです。

 

何故なら、お芝居の指導をする側も、プロで無い場合が多いからです。

 

大会やコンテストでも、あくまで「アマチュアの芝居」として評価をされます。

実際、私の通っていた専門学校にも、高校時代に幾つも賞を獲っていた演劇部、

放送部出身の子がちらほらいました。

 

しかし、それが、かえって裏目に出てしまい、行き詰って姿を消してしまう人もかなりいました。

プロの脚本家、声優、役者の先生にダメ出しをされても、

「自分は○年間もこのやりかたでやって来た!」「この方法で賞を獲った!」と、

過ちを正せないのです。

 

ですので、私は、演技系の部活やサークルに所属する事をおすすめしません。

 

それよりも他の事を経験した方が、よほどためになります。

 

野球部にいた子の方が、野球をしたことの無い子より、野球選手の役を演じやすいでしょう。

 

吹奏楽部にいた子の方が、学園もので楽器を演奏する子の役を演じやすいと思いませんか?

お芝居が好きなのは、とても良い事です。

 

しかし、良いお芝居をするためには、経験が何よりの武器になります。

 

お芝居だけでは、ダメなのです。

スポンサードリンク

声優を目指す人が中学時代にすべきこと

声優,中学,

 

幼少期から劇団に入り、訓練を積んでいる方も多いと思いますが、

義務教育の期間は、なによりも勉強をしてください。

 

知識が無ければ、台本を読むことは出来ても、お芝居は出来ません。

簡単な質問をします。

シェイクスピアのハムレットに、自殺した女性を埋葬するシーンがあります。

二人の墓掘りが、深夜に彼女の墓を掘っています。

 

墓掘りは怖がっています。何故でしょうか?

アマチュアのお芝居なら、墓掘りは「怖がっている」という所まで掘り下げたら、終了でしょう。

 

役者は恐らく、ビクビクしながらセリフを読み、それでOKになると思います。

 

しかし、プロでは駄目です。許されません。

答えを書きます。

ハムレットは、1600年にイギリスで書かれたお話で、主人公はデンマークの王子様。

 

登場人物はキリスト教徒です。

墓掘りが恐れているのは、お化けでも、夜の暗闇でもありません、人に見られることです。

 

でも、それは何故?

キリスト教では、自殺は大罪なのです。

 

自殺した人間は地獄に堕ちるとも言われています。

 

そんな罪人に墓を造ってやっている所を見られたら……。それよりも、自分たちまで地獄に堕ちたら……。

 

日本人には、ちょっと分かりづらい感覚かもしれません。

恐らく、普通に義務教育を受けていても、これが分かる人は少ないかと思います。

 

義務教育さえ、まともに受けていなかったら?

お芝居以前の問題です。

 

楽な方へ、楽な方へと逃げず、最低限、学校で教わる国語や歴史の内容だけは、完璧に身につけましょう。

 

発声・滑舌はそれからのお話です。

 

声優を目指す人が高校時代にすべきこと

声優,高校,

義務教育ではありませんが、やはり知識は多いに越した事はありません。

 

高校に通うのであれば、「どうせ大学にはいかないし~」と怠けずに、きちんと勉強をしましょう。

そして、部活動が強制ではない学校も多いかと思います。

 

家族の方と相談し、夜間に養成所・専門学校へ通うと言う手もあります。

 

演技系の部活に所属するよりも、遥かにスキルが身に付きます。

ですが、高卒の資格は取っておいた方が良いです。

 

万が一、芝居の道を諦めた時にも、就職をしやすくなります。

 

声優を目指す人が大学時代にすべきこと

声優,大学,

大学に進学するかどうかは、大きな分かれ目かと思います。

 

多くの方が、高校卒業後に、声優になるための勉強をする専門学校や、養成所に入ります。

・18禁オーディションも受けられるようになり、チャンスが広がる。
・アイドル声優としてデビューするには、ギリギリの年齢。

この様な理由が上げられるかと思います。

 

ですが、大卒の資格を取りたいようであれば、芸術科のある学校に進学するのも悪くはありません。

 

きちんとプロのレッスンを受けられます。

ですが、「声優」としての仕事のオーディションの回数が多いのは、圧倒的に専門学校・養成所です。

 

また、卒業後の進路についての情報も、沢山仕入れる事が出来ます。

 

勿論、多くの専門的な知識を身に着けたい場合や、様々な経験を積むことも、

長い目で見ればお芝居に良い影響を与えますので、自分が一番納得できる道を、良く考えてください。

 

最後に

例え、どんな環境にいたとしても……親に強制されて、望まぬ進学をしてしまったとしても、

将来お芝居をしたいのなら、その場所で、必死に生きて、勉強してください。

 

全くもって、全てが無駄になる事なんて、一つもありません。

今、目に見えるものに対して必死になれない人が、目に見えず答えの無いものに齧り付いて行けるでしょうか?

結論を書きますと、その時何をしていても、どんな選択をしても間違いなんてありません。

 

ただ、自分に嘘を吐かず、自分の選択を後悔しないでください。

 

後悔しない為に、今、やらなければいけない事を、キチンとやりましょう。

 

……さて、宿題は終わりましたか? 溜まっている課題はありませんか? 

 

まずは、そこからです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ