声優になるための発声方法!時間や場所はどうする?

声優
スポンサーリンク

声優,発声,

 みなさん、こんにちは。VERAです。

 

今回は、声優になるための発声方法をご紹介します。

 

といっても、結論から言ってしまえば、本人がどんな発声方法得をしていたとしても、

キチンと声が前に飛んで、マイクに入れば良いのです。

スポンサードリンク

発声で一番大事なこと

 

何よりも大切なのは、客観性です。

 

例えば、自分が腹式呼吸をしているつもりで、声が出ていると感じても、

講師の方や、現場の音響さんが「NG」と言えば、それは「NG」。

 

逆に、自分的にはイマイチな発声と思っていても、

講師の方や、現場のスタッフ、監督が「OK」と言えば、「OK」なのです。

 

そこで、「自分的には納得できないので、もう一度!」と言うのはご法度です!

 

ともあれ、一般的に良いと言われている発声方法を学んでおけば、

大きく期待から外れる事はありませんので、ご紹介します。

 

発声練習の準備

声優,方法,

用意する物

・日本語アクセント辞典(言葉の正しいイントネーションや、鼻濁音、無声音を調べる際に使用します。

アップルストアーなどでは、アクセント辞典という無料のアプリが散見されますが、

表記が間違っている等不備が多いので、必ず購入しましょう。

本来五千円以上するものが、タダになるなんて、ウマイ話はありません!)

・発声練習の教材(筆者のお勧めは、声を出して読む日本語の本(塩原新次郎著)です)

・水(お砂糖の入っている飲み物は、口の中を粘つかせ、

お茶の類は喉の水分を流してしまいます。シンプルに水がベストです)

・ボイスレコーダー

 

発声練習方法

 

声優,発声方法,

まず、あなたは、歌が得意でしょうか? 

 

もし音痴で苦手な方がいたら、その人は独学で技術を身に着けるのは100%無理です。

イントネーションの矯正には、音の高低を耳で聞いて、

瞬時に自分の発している音とどう違うか判断し、修正する能力が必要だからです。

 

お手本の音と、自分の音の違いが分からないのに、

紙に書かれたアクセント記号を見ただけで勉強しろと言われても、無理だと思いませんか? 

 

この場合、良い先生を探し、その下で勉強をするべきです。

 

そして、滑舌練習は、一人でも出来る! と思っている方が多いと思いますが、落とし穴があります。

 

それは「無声音」の存在。

 

無声音とは、母音を発音しない事ですが、関西方面の人はこれが中々習得出来ないのです。

例えば、「~です」の発声。

 

標準語では「des」と発声するのに対して、関西方面の方は「desu」と発声してしまうのです。

 

違いが分かるでしょうか?

発声練習をする場所

人に迷惑の掛からない場所なら、何処でも構いません。

 

広い公園、自宅、河原など。恥ずかしいから練習しない……なんて甘えた事は言わないでくださいね。

 

ただし、マナーを守り、大声が禁止されている所で叫んだりはしないように。

 

カラオケボックスのシダックスでは、月額一万円で部屋を何時間でも使う事が出来ます。

 

カラオケの機材は使えませんが、発声練習をするには十分です。

 

また、市の公共施設でも、会議室などを安く借りる事が出来ますので、

練習場所が無くて困っている方は、是非頼ってみてください。

ただし、いくら大声を出しても良いからと言って、海辺で発声練習をするのは止めましょう。

 

潮風で喉を痛めます。

まとめ

発声練習をした先の目標を、「日常生活ではきはきとした喋り方をする」とした場合は、独学でも十分です。

 

しかし、「声優や役者になる」ためには、やはり先生に教わるべきです。

 

イントネーションや滑舌、腹式の発声はあくまでスタートラインです。

 

ここが出来ていないと、表現の勉強を幾らしたところで、オーディションに落ちます。

出来て当然の事。

 

だけれど、一番退屈で、難しい事でもあります。

 

自分の間違いに気付く事、続けて行くためにも、養成所や専門学校に通う事をお勧めします。

 

正しい練習方法を身につけたら、あとは鬼の様に、ひたすら練習! 練習! 練習! です。

 

声量を上げるためには、常に自分の限界の声量で練習する必要がありますし、

嫌でも、泣きたくても、出来ない所ほど、何度も繰り返す必要があります。

一番必要なのは、くじけぬ強い心です。

 

途中で投げ出さず、堅実に練習を重ねてください。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ