ダイエット効果が4倍になる筋トレ方法~無酸素運動をしてから有酸素運動!

ダイエット 筋トレ
スポンサーリンク

ダイエットは有酸素運動だけでは難しい

ダイエットを目指す人は有酸素運動を始めますが、
有酸素運動だけでは結果がなかなか出ないと感じている人も
けっこういると思います。

スポンサードリンク

運動だけでは痩せない理由!

体が1日に消費しているエネルギーの
約70%は基礎代謝です。

ですから、運動で消費されるエネルギーは
全体の30%です。
これが運動だけでは痩せない理由です。
運動での消費エネルギーはどのくらいかというと、
30分ウォーキングをした場合の消費エネルギーは
約140キロカロリーです。

これがジョギングでも160キロカロリーくらいです。
しかも、このエネルギーがすべて、
脂肪の燃焼につながるわけではありません。
有酸素運動をした場合、
糖と脂肪の消費される割合は1:1なので、
燃焼する脂肪の量は140キロカロリーの半分
70キロカロリーだけです。

70キロカロリーとは、
脂肪の量にするとどのくらいかというと、
脂肪は1グラム約9キロカロリーなので、
約8グラムです。

さらに、その脂肪もすぐに燃焼するわけではありません。

有酸素運動で、脂肪が燃焼するには時間がかかります。
なぜなら、脂肪は脂肪酸とグリセロールに分解されてからでないと、
燃焼しないからです。

有酸素運動は、30分以上継続して運動しないと
脂肪燃焼効果がないと言われるのは、
この「分解」が行われるまでに
時間がかかってしまうからです。

有酸素運動ですぐに脂肪を燃焼させる方法

脂肪燃焼は有酸素運動を30分継続しないと
燃焼しないと言われていますが、
燃焼を早める方法があります。

それが「成長ホルモン」です。

成長ホルモンとは、脳の下垂体から分泌される、
人間の成長を促すホルモンです。

おもな働きは、骨や筋肉の成長を促すことですが、
それだけではありません。

じつはこのホルモン
脂肪を分解する働きも持っています。

体を成長させるために必要不可欠な成長ホルモンは、
子供の頃はさかんに分泌されますが、
体の成長が終わる20歳頃をさかいに減少していきます。

成長ホルモンの分泌量が一番多い10台の人と比べてみると、
50代の分泌量は5分の1以下に低下しています。

年をとるほどに痩せにくくなるのは、
この成長ホルモンの減少が関係しています。

成長ホルモンを増やす方法

成長ホルモンは年齢とともに分泌量が低下するからといって、
あきらめる必要はありません。

努力によって、成長ホルモンの分泌量を増やすことができます。
どうすれば増やせるかというと、「無酸素運動」をすることで、
増やすことができます。

無酸素運動だけでは脂肪は消費されませんが、
無酸素運動をすると成長ホルモンが分泌されるので
脂肪の分解が進みます。

しかも、無酸素運動によって一度成長ホルモンが出ると、
その分解効果は6時間も持続します。

そのため、先に無酸素運動をしてから、
有酸素運動を行うと、無酸素運動を行った時点から
脂肪の分解が進むので、有酸素運動を始めてすぐに
脂肪の燃焼が始まり、有酸素運動による脂肪の燃焼率が
飛躍的に上がります。
有酸素運動だけでは、25分くらい運動し続けないと
脂肪の燃焼が始まらないのが、
事前に無酸素運動を行うとわずか5~10分程度で、
脂肪の燃焼が始まります。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ