筋トレ効果は筋肉増強だけではなくボケ防止の脳トレにも有効!神経経路の鍛え方

筋トレ
スポンサーリンク

最近、高齢者のドライバーの事故が増えていますが、
これは加齢とともに脳から筋肉への神経経路が衰え、
脳が命令を発してから、実際にその筋肉が
その指令を実行するまでに時間がかかることが原因です。

 

また、ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまうのも、
同様に脳から筋肉への神経経路が衰えるのが原因です。

 

脳が危険を察知して、ブレーキを踏むように命令してから、
実際に足の筋肉が動いてブレーキを踏むまでの時間を、
20代と65歳で比較したデータがあります。

 

それによると、時速60キロで走行していた場合、
65歳の人は20代の人が停止した位置から20~30メートルもオーバーした位置で
やっと止まったそうです。

スポンサードリンク

神経経路は鍛えられる

 

神経経路が衰えた人でも、
脳から筋肉への神経経路を鍛えるタイプの
筋肉トレーニングを重ねると、
反応の速度と精度がアップすることが分かっています。

 

そして、神経経路が鍛えられた筋肉は、
神経経路を鍛えないで鍛えた筋肉では、
神経経路を鍛えたほうが、
基礎代謝の量があきらかに増えていることが
報告されています。

 

つまり、神経経路を鍛えることが、
より効率よく体温を上げることにも
つながるということになります。

筋トレは脳のパフォーマンスも向上させる

脳と筋肉の経路を鍛えるメリットは
これだけではありません。

脳から筋肉への神経経路を鍛えるということは、
筋肉のパフォーマンスを向上させるとともに、
脳のパフォーマンスを上げるトレーニングにも
なるのです。
1980年代のアメリカでは、
運動といえば有酸素運動が主流でした。

25分間運動すれば脂肪が燃焼するということで、
若い人たちから高齢者まで、健康促進のためにと
さかんに有酸素運動が行われていました。
現在の日本のようですね。

しかし、いくら有酸素運動をしても
先ほど述べた高齢者の事故は一向に
減りませんでした。

そこで、運動効果が新たな側面から検証されることになり、
90年代半ばころから無酸素運動で筋肉を鍛えることが
事故防止につながると同時に、廊下防止にもつながる、
という研究結果が出始めました。

アメリカではこうした研究成果を踏まえて、
筋肉を鍛えることが国家レベルで推奨されました。

その結果、今では、筋肉を鍛えることが
体にとっては体温アップにつながり、
脳にとってはボケ防止になり、
日常生活では事故防止になることが、
広く一般の人たちにまで浸透しているそうです。
日本でも脳トレがブームになりましたが、
脳トレよりも筋トレのほうが
よほど脳トレになります。

神経経路の鍛え方

脳から筋肉への神経経路を鍛えることの重要性を
説明しました。

脳から筋肉への神経の経路を鍛える。
それは脳が指令を出してから、
筋肉が反応するまでの速度を上げる
トレーニングをするということです。

具体的には、負荷は軽くていいので、
自分ができる最大のスピードで
筋肉を動かすということです。

10メートルでも20メートルでも
短くていいので、とにかく全力でダッシュする。

これでも神経経路は鍛えられます。
1回でも構いません。
2回、3回と回数を重ねればそれだけ効果も高まりますが、
回数を重ねることでスピードが衰えるなら、
少なくてもいいので、筋肉の持っている
最大限の能力を引き出すことが大事です。

このトレーニングで最も重要なのは、
回数でも負荷でもなくクオリティです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ