冷え性は女性が多い理由!冷え性改善には筋肉を鍛えるといい!

筋トレ
スポンサーリンク

低体温とは少し違いますが、
多くの女性が苦しんでいる「冷え性」も、
筋肉を鍛えることで改善することができます。


低体温は、体温そのものが36度以下に
低くなっている状態のことをいいます。
これに対して冷え性というのは、
体の中心部の体温はそんなに低くないのに、
手先や足先といった体の末端の血行が悪く、
冷たくなってしまっていることです。

 

低体温は男女の区別なく起こりますが、
冷え性で苦しむ人のほとんどが女性です。

スポンサードリンク

冷え性はなぜ女性が多いのでしょう?

原因はいくつか考えられますが、
その中でも大きな要因となっているのが
低血圧と運動不足です。
血圧が低いと、体の先まで血液をいきわたらせることが
できなくなるので、どうしても末端の血行が悪くなります。

また、女性は男性よりも筋肉量が少ないので、
運動が不足すると筋肉の絶対量が足りなくなり、
末端から血液を体の中心部に送り返す力が
弱くなってしまいます。

こうした2つの要因で女性は、
手足の血行だけが極端に悪くなる
「冷え性」になってしまいます。

冷え性を改善する方法

冷え性を改善する最も良い方法は、
下半身の筋肉を鍛えることです。

とくに足の筋肉は「第2の心臓」と呼ばれるほど
血液の循環に大きな役割を担っています。
足の筋肉を鍛える効果は、
たんに血行が良くなるだけではありません。

筋肉は増えると、筋肉自体が熱を作り出すので、
結構改善と合わせて二重の効果で冷え性が改善されます。

足の筋肉を鍛える方法

足の筋肉を鍛える基本は歩くことですが、
ふくらはぎや太もも、そして腰の筋肉を
一度に鍛えることのできるスクワット
もおすすめの運動です。
ただ、冷え性の人が運動をする場合は、
事前に必ず充分なストレッチを行いましょう。

筋肉が冷えて硬くなった状態のまま急に動かすと、
筋肉を傷める可能性があります。

そういう意味では、
お風呂上りに体が温まってから運動するのも
よい方法です。
「冷え」はどんなものであれ、
体にとってはストレスになります。

その冷え性を放っておくと、
そのストレスによって自律神経のバランスを崩し、
体全体が冷える「低体温」へと病状が進行する
こともありえます。

ですから、脇の下で測った平熱が36.5度以上ある人でも、

末端に冷えのある「冷え性」の人は、「低体温」の予備軍
ということでもあります。

冷え性を低体温に進行させないためにも、
筋肉トレーニングを日々の生活に取り入れ、
体温を高い状態に保つようにしたいものです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ