筋トレ初心者が知っておきたい!筋肉強化のメカニズム!

筋トレ
スポンサーリンク
筋トレが最近流行っていますね。
健康のためにも美容のためにも
筋トレをするのはとても大事なことです。
しかし、筋トレ初心者の方は筋トレについての知識がなく
「ただ筋肉を鍛えればいい」
と思っている方が多いようです。
筋トレを始めたんだけど
思うように結果が出ていないという方は、
まずは筋肉が増強するメカニズムを知ることが大事です。
筋肉のメカニズムを知ることで、
自分の思い通りの筋トレができる第一歩になります。
スポンサードリンク

筋肉とは?トレとは?

そもそも筋肉とは、筋トレとはどういうことでしょうか?
「いまさら知っているよ!」
と思うかもしれませんが、
1つずつ開設していきます。
よく「筋肉がなくなる」という表現をする人がいますが、
筋肉がなくなることはありません。
下図のように、皮をめくれば
男女ともに同じような状態で
筋肉は全身についています。
筋肉,ある,ない,
この筋肉があるお陰で
動くことができます。
筋肉ですが、
とくにトレーニングをしないと
年に1%ずつ落ちていきます。
20歳をピークに
とくに運動をしなければ
70歳では50%減少している計算です。
だから、筋肉を鍛える=トレーニングすることで
筋力を維持するようにするのが
筋トレの目的です。

筋肉が増強するメカニズム

筋トレ,メカニズム,

ではどうしたら筋肉をトレーニングして
鍛えることができるのでしょうか?
筋トレ初心者が誤解しがちなのが、
筋肉は筋トレの最中に強くなっている
と思っていることです。
ですから動かせば動かすほどいいのではないか!
と思っています。
それは間違いで
筋肉は筋トレの後に強くなるのです!
人の体は環境に適応するようにできています。
例えば、あなたが「10」の筋力があるとします。
そこに「11」の負荷を筋肉に加えます。
すると「10」の力しかないので「11」の負荷は
疲れてしまいます。
そこで体は、今まで「10」の力で良かったけれども
「11」の負荷がかかるなら「11」にならないといけない!
と思って、「10」から「11」に強くなって回復しようとします。
これを「超回復」と言います。
この筋肉に負荷をかけた後に回復する時に
筋肉は強くなります。
ですから、筋肉が増強するのは
筋トレの最中ではなく、筋トレ後です。
そして大事なのが
「回復力」
です。
この回復力がないと
筋トレをしても負荷がかかって疲れるだけで
逆に体を傷めてしまいます。
余談ですが、
この環境に適応するのは筋肉が弱くなるのも同じで
「10」の力があるのに「8」しか使わないでいると
体は「8」の筋力でいいんだと思い、
「8」になっていきます。
老化するから筋力が落ちていくのではなく、
筋肉を動かさなくなるから筋力は落ちていくのです。

サイヤ人も筋肉と同じ!

サイヤ人,超回復,
ドラゴンボールというマンガ・アニメをご存知でしょうか?
かなり人気のマンガなのでご存知の方も多いと思います。
その登場人物の中に「サイヤ人」という種族がいます。
このサイヤ人というのは戦闘能力の高い種族で
戦闘で死にかかってそこから生き返ると
以前よりも戦闘力が上がる
という設定です。
このサイヤ人も大事なのが
死にかかってから生き返るという「生命力」というか
「回復力」です。
この「回復力」がないと死んでしまいます。
死んでしまえばそこで終わりです。
実はサイヤ人も「超回復」で
強くなっていたんです。

筋トレで筋肉強化させるメカニズムのまとめ

筋肉は何もしないと年に1%ずつ落ちていくので、
筋トレをして筋力をアップさせないといけない。
体は環境に適応するようにできているので
強い負荷を与えて筋肉を疲れさせて
その後、筋肉が回復する時に筋肉は増強されます。
筋肉が増強するのは筋トレの最中ではなく
筋トレ後の回復する時。
回復力が落ちている時
すなわち、体力が落ちている時や疲労が溜まっている時は
筋トレで筋肉に負荷をかけたら回復できないので
体を傷めてしまうので注意が必要です。
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ