朝食前のウォーキングをするメリット

筋トレ
スポンサーリンク

朝起きて運動をするとよいです。
運動と言っても、ウォーキングかジョギング程度の、
軽い有酸素運動を30分くらい行えば、
大丈夫です。
朝は1日の中で最も体温が低い時間帯です。
そのときに30分間ウォーキングをすると、
個人差はありますが、だいたい
0.7~1.0度、体温が上昇します。

こうして冷えた体温を交感神経の高まりとともに、
一気に高めておくと、その日1日の体調が
とても良くなります。

ダイエットにも効果的

30分間有酸素運動をすると、
それだけで毎日8グラムの内臓脂肪を
減らすことができるので、
体重維持管理にも役立ちます。
さらに、ウォーキングの前に、
3~5分程度で構わないので
筋トレをするとさらに効果的です。
この場合の筋トレは3日に1回程度で
十分な効果がありませす。

組み合わせる筋トレは何でもいいです。
腹筋でも腕立てでもスクワットでも、
体調に合わせて行ってください。

筋トレの前はストレッチを

筋トレをする時は、いつもよりも入念に、
ストレッチをしましょう。
朝は体が硬くなっているので、
ストレッチで関節の可動域を十分に
広げておかないとケガをしてしまいます。

ストレッチでお勧めなのが、
体中の筋を伸ばす運動と、
関節を回して可動域を広げる運動です。
ウォーキングは散歩のようなものなので、
つい準備運動もせずに動き出す人が多いですが、
ストレッチは必ずするようにしましょう。
・ウォーキングの時に意識したいこと

歩くときは、背筋を伸ばし、
肛門を引き締めるような意識を持って、
リズミカルに動きましょう。

だらだらと歩いていたら効果は半減します。
肛門を意識するのは、
とても大事なことです。

ある一定の年齢になると、
男性も女性も肛門の周りの「括約筋」が
衰えてきます。

この筋肉が弱くなると、
オナラのつもりで糞便が出たり、
女性だと尿失禁に悩まされたりします。

歩くときに肛門を意識的に引き締めることは、
括約筋を鍛える良いトレーニングになるので、
続けていると、朝のウォーキングだけでも、
尿失禁などの改善につながります。
また、括約筋をトレーニングするということは、
ヒップアップにもつながりますから、
健康に良いだけではなく美容にも
大変効果的です。

正しい姿勢を作る

背筋を伸ばしておしりと腹筋を引き締める。
すると「正しい」「まっすぐ」な姿勢になります。

最近はあまり姿勢のことを
注意されなくなりましたから、
子供のころからねこ背や脊柱管狭窄症という
背骨の歪んだ子供が増えてきました。

背骨は血液や免疫物質を作っている
とても大切な場所です。

正しい姿勢は体だけではなく、
健康も支えています。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ