理想的な水の飲み方は?水を飲むなら白湯がいい?水の飲む際の注意事項!

生活習慣
スポンサーリンク

水を飲んだらよいと聞いたことがあると思います。

その水を飲む際に気を付けたいことをお話します。

スポンサードリンク

朝起きてまず水を飲む

朝起きて水を飲むと良い
という話は聞いたことがあると思います。

なぜ飲んだほうがいいかというと、寝ている間に体は発汗などで、
多くの水分を失ってしまいます。

また、目が覚めると排尿によって老廃物とともに水分が失われるので、
充分な水分摂取が必要です。

寝ている間に失った水分と、起きてから排出する水分を補うために、
朝起きてからお水を飲むことをおすすめしています。

飲む量は、500ミリリットルほど飲んでもらったらいいです。

良質な水を飲みましょう


体はわたしたちが普段、感じている以上に水を必要としています。
「喉が渇いた」と感じた時点で水分補給するのが遅いです。

「喉が渇いた」と感じる前に飲んでほしいです。

1日に最低でも1.5~2リットルの水分を
摂取したほうがいいです。

しかし、水を飲む上で気を付けてほしいのが、
夏でも冷たい水は飲まないということです。

冷たいものを飲むと体温は急速に低下してしまいます。
とくに朝は、1日の中でもっとも体温が低い状態なので、
そこに冷たい水を飲むと、体温が下がりすぎてしまいます。

体温を下げないために、朝はもちろん、ふだんから水は常温のものを
飲むようにしましょう。

お水を飲むなら白湯が一番いい

体が本来の状態を維持するためには、体を内側から温めるということは
とても大切なことです。

ですから、できるだけ冷たいものは飲まず、
温かいものを飲むようにふだんから心がけるといいです。
温かい飲み物の中でも一番いいのが「白湯」です。

不純物が入っていない白湯は、
水以上に体に優しい飲み物です。

朝、コーヒーを飲むという方も多いですが、
コーヒーやお茶などカフェインを含んだ飲み物は、
カフェインは利尿作用がありますから、水分を摂っているように見えても、
最終的には体から脱水させてしまうので、水分補給にはなりません。

コーヒーやお茶など、カフェインを含んだものを
飲んでもかまいませんが、その先に、良質な水で十分な水分補給をしてから、
飲むようにしましょう。

お水を飲むのは、とても大事なことです。

しかし、冷たい水を飲んで体を冷やすのはよくありません。

 

一番良い水の摂取方法は、温かい白湯を飲むことです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ