健康に良い入浴法と入浴の目的と効果について!理想の設定温度は?

生活習慣
スポンサーリンク

日本人ほどお風呂に入るのが好きな民族はいないと言われています。

しかし、近年湯舟につかる人は減ってシャワーで済ませる人が増えてきました。

 

そこで、健康に良い入浴法やお湯の理想の設定温度について調べてみました!

スポンサードリンク

理想のお風呂に入る時間は?

お風呂に入る理想の時間は、夜寝る前です。

なぜかというと、体を温めた状態で眠ると
睡眠中の成長ホルモンの分泌がよくなるからです。

睡眠中の成長ホルモンの分泌を最大限に引き出したい人は、
お風呂に入る前に5分程度筋トレをすると、さらに効果的です。

入浴の目的は?

入浴の目的は1日1回お風呂に入って体温を1度上げることです。

成長ホルモンにこだわる方は、夜が良いと書きましたが、
健康のために、体温を1度上げるのが大事なので、
朝でも夜でもいつでも大丈夫です。

ご自分の生活リズムに合わせて、都合の良い時間帯に入りましょう。
お風呂の湯船には10分程度浸かれば、だいたい体温が1度くらい上がるので、
長風呂する必要はありません。

それよりも大切なのは、毎日お風呂に入り、1日1回
体温を1度上げることを習慣化することです。

ただし、温度が下がった浴室で、
急に高温のお湯に入ることは避けてください。

急激な温度変化によって起こる、「ヒートショック現象」の可能性があるからです。

急に暖かい場所から寒い場所へ、またはその反対に移動すると、
血圧が急激に変わり、よくに高齢者や高血圧症の方は、
脳卒中や心筋梗塞が起こりやすい状態になります。

毎年、このヒートショック現象で亡くなる人の数は、
全国で平均すると約14000人もいるそうです。

理想の入浴温度は41度

理想の入浴温度は41度で、
それ以上熱くても、ぬるくても
おすすめできません。

なぜ41度かというと、41度以下が副交感神経を優位に保つための
最適温度だからです。

また、42度以上だと交感神経が刺激されてしまいますし、
お湯の温度が低すぎると「体温を上げる」という本来の目的ではなくなるからです。

冷え性や高齢者の方には、心臓や肺の負担をより少なくするために、
半身浴がおすすめです。

半身浴は、みぞおちまで下半身を中心に、20~30分くらいゆっくりと
時間をかけてお湯に浸かります。

よく注意して見ると、一流のスポーツクラブやゴルフ場、
ホテルや旅館では湯温は41度に設定・管理されていることがわかります。

これは、お客様の体にとって一番いい環境を提供する
というサービスの目的もありますが、同時に、万が一の事態が発生したときに、

「自分たちは生理学的に最適温度のお風呂提供をしています。
もし、それで問題が生じた場合は、当店としては責任を負いかねます」

という施設側の保険でもあるわけです。

入浴の目的は、健康のために1日回体温を1度上げること。

そのために1日1回お風呂に入ることはとても良いことです。

そして、お風呂に入る時の理想の温度は41度です。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ