ストレスは万病の元

病気
スポンサーリンク

病気の発生学の進歩によって、
びょうきの原因の多くがストレスである
ということがわかってきました。

ストレスについて書いていきます。

ストレスとは何か

ストレスと言っても、さの実態は様々です。

対人関係や仕事のプレッシャー等の
「精神的ストレス」もあれば、

肉体疲労や睡眠不足、痛み等の
「身体的ストレス」もあります。

ふだん、自分がストレスだと認識していなくても、
体がストレス反応を起こすもの全てをストレスと考えます。
人の体は常にベストの状態でいるように、
さまざまな機能が働いています。

ストレスが加わった時も、
体は元の良い状態に戻るように、
様々な反応をします。

それを「ストレス反応」といいます。
寒い時にブルブルと体が震えたり、
暑い時に汗が出るのもストレス反応の1つです。
ほかにも、プレッシャーを感じてドキドキしたり、
緊張して喉が渇いたり、恐怖を感じて、
鳥肌になるのもストレス反応です。

嫌なことがあってイライラしたり、
寝付きが悪くなったり、食欲がなくなったり、
逆に無性に食欲出るのもストレス反応の一種です。

ストレスは脳で認識される


精神的ストレスはもちろん、身体的ストレスも、
全身nはりめぐらされた神経を通じて、
その情報は脳に行きます。

そして、脳の視床下部というところで、
ストレスと認識されます。

視床下部の働きはたくさんあります。
ストレスを認識するほかにも、
体温調節や下垂体ホルモンの調節、
さらには摂食行動や飲水行動、
性行動、睡眠といった本能行動、
怒りや不安などの情動行動も司っています。

さきほど書いたストレス反応が起きるのも、
そうした行動をを司っている視床下部と
ストレスが深く関わっているからです。

寂しい女は太る

「寂しい女は太る」という本があります。
著者は臨床心理士の植松治彦氏という方で、
食べることと性行為がとてもよく似た行為と説明したうえで、
異性と心の通った関係を持たない女性は、
食欲を満たすことで、その寂しさを埋めようとする傾向がある
と述べられています。
欲求不満というストレスをため込んでしまうと、
視床下部の命令系統に誤作動が生じ、
食べ過ぎや食べなさすぎという
「摂食障害」になりやすいそうです。
人の体は日々、こうしたストレスに反応しながら、
肉体的にも、精神的にも常に良い状態を保とうと、
働いています。

人が健康でいられるのは、
こうした体の働きのおかげです。

しかし、体の頑張りにも限界はあります。
ストレス状態が長く続くと、
体はストレスに対応しきれなくなり、
バランスを崩し、良い状態を保てなくなります。

それが「病気」の始まりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ