インフルエンザ対策2018!予防法や薬、治る期間について!

病気
スポンサーリンク

インフルエンザは流行病の代名詞のような病気ですね。

あなたは「インフルエンザはうつるけど、風邪はうつらない」ってご存知でしたか?

インフルエンザと風邪の違い、またインフルエンザの予防法や薬、治る期間について

書いていきます。

スポンサードリンク

インフルエンザと風邪の違い

意外と知られていないのですが、
「風邪」とひとくくりにされていますが、
インフルエンザと風邪は違います。
インフルエンザは非常に感染力の強い、
流行性のウイルスです。
風邪は常在ウイルスと言って、
常に空気中にいます。
インフルエンザは流行りがありますが、
風邪は1年中なるのは、このためです。
 

インフルエンザの予防法

インフルエンザは非常に感染力が強いです。
健康な人でも感染することがあります。
ですから予防法は「ウイルスを体内に入れないこと。」
 
マスクをする、うがい・手洗いをして
ウイルスを体内に入れないようにすることです。
ちなみに風邪のウイルスの感染力は弱いです。
元気な時は免疫力がありますから感染しませんが
体力が落ちた時、免疫力が低下した時に感染します。
ですから風邪の予防法は「疲れをためないこと」です。
風邪をひくのは本人の体力の低下が原因ですから、
うつることはありません。
なぜ、うつると言われているかというと、
同じ職場なら同じ環境の場合が多いですから、
例えば、残業の多い職場なら、みんな疲れて
体力が落ちているので、みんな同時に風邪をひくので
うつると思われるわけです。
インフルエンザでも風邪でも、
ウイルスは湿気に弱いです。
 
ですから乾燥している冬は感染しやすい。
乾燥しないように加湿器を用意する、
なければ濡れたタオルを干す、洗面器に水を張る等、
湿度を保つようにしましょう。

インフルエンザは薬をのまなくてもよい!

インフルエンザの特効薬の
「タミフル」「リレンザ」が出てからは、
インフルエンザは薬でないと治らないもの
と思われていますが、自然治癒します。
 
薬で治すと思っている方も多いですが、
薬はウイルスをやっつけるのではなく、
ウイルスの増殖を抑えるものです。
 
ですから、増殖してしまってから服用しても
意味がありません。
飲むタイミングは発症してから
ウイルスが増え切らない、48時間以内に服用しないと
あまり意味がありません。
可能なら24時間以内が理想とされています。
 
インフルエンザはウイルスの力が強いので、
とくに子供や老人など体力の低い人は
重症化する前に薬を服用することで
被害も未然に防ぐ目的があります。

インフルエンザが治る期間

インフルエンザは
普段健康な人は安静にしていれば、
4~5日で熱が下がり、
1週間くらいで自然に治ります。
 
熱が下がっても、完全にウイルスが残っているので
感染拡大を予防するためにも、
2日ほど待機期間が必要です。
タミフルやリレンザを服用すると、
1,2日早く治るとされています。
 

まとめ

インフルエンザはとても感染力の強いウイルスです。
自然治癒しますが、体の弱い方は
できるだけ早く病院で診察を受けたほうが、
早く治る可能性が高いです。
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ