メタボリック・シンドロームについて

病気
スポンサーリンク

メタボリック・シンドロームとは

メタボリックシン・ドロームの診断基準は

1、内臓脂肪の蓄積

腹囲(へそまわり)
男性85センチ以上  女性90センチ以上
2、血清脂質異常

中性脂肪150mg/dl以上
HDLコレステロール40mg/dl未満
3、高血圧

最高(収縮期)血圧130mmHg以上
最低(拡張期)血圧85mmHg以上
4、高血糖

空腹時血糖値 110mg/dl以上

1の内臓脂肪の蓄積に加えて、
2から4のうち2項目以上に当てはまると
メタボリック・シンドロームと診断されます。
このメタボリック・シンドロームになるリスクは
男性のほうが女性の4倍もあると言われています。

男性がメタボリック・シンドロームになりやすい原因

メタボリック・シンドロームの
病態生理学的原因は3つあります。

1つ目は「食べ過ぎ」
2つ目は「運動不足」
ここまでは知っている人も多いと思います。

問題は3つ目の原因。
これが男性だけに当てはまるのです。
そして、これが男性が
メタボリック・シンドロームのりクスを高めている
原因です。

この原因とは
「男性更年期障害(PADAM)」です。

更年期障害というと女性だけと思っている人も
多いと思いますが、
男性にもあるんです。
女性の更年期障害が、女性ホルモンである
エストロゲンの低下が原因なように、
男性の更年期障害は、男性ホルモンである
テストステロンの低下によって
もたらされます。

男性の更年期障害とは

男性の更年期障害は、
うつ病に似た精神症状を主とします。

そのため、男性のうつ病患者の中には、
かなりの数の男性更年期障害が含まれている
と言われています。

本来、男性ホルモンは30歳をピークに
年に1%ずつ、死ぬまで徐々に低下していきます。

これが健康な人の正常な減少パターンです。
しかし、男性更年期障害の現れる人は、
年に1%ずつしか減少しないはずのテストステロンが
急激に低下してしまいます。
男性更年期障害のさまざまな症状は、
「急激なテストステロンの低下」
によって生じています。

なぜメタボリック・シンドロームは、
中高年の男性が多いのか?

「食べ過ぎ」や「運動不足」が原因なら
10代や20代など若い世代にも
同じ割合でいていいはずです。
しかし、同じ食べ過ぎや運動不足でも
若い人は内臓脂肪ではなく皮下脂肪として
蓄えられるため、肥満になっても
メタボリック・シンドロームになる人は
多くありません。
メタボリック・シンドロームが
中高年の男性に多いのは
男性更年期障害が原因なのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ