乾燥肌の原因とは?顔の乾燥には正しいスキンケアをしっかりしよう!

健康全般
スポンサーリンク

秋冬の季節は空気が乾燥して、お肌も乾燥してガザガザになってしまいます。

季節の問題もありますが、実は他にも乾燥肌になってしまう原因があるのを知っていますか?

原因を知ることと、正しいスキンケアをすれば、乾燥肌が改善されるんです!

実は自分が乾燥の対策として行っていたスキンケアが間違っている可能性のあるかもしれません。

なのでこの記事では、
・乾燥肌の原因
・乾燥肌の正しいスキンケア方法
について紹介します。

乾燥肌の原因を知って、正しいスキンケアをすることでガザガザ肌とサヨナラしましょう!

乾燥肌の原因

乾燥肌,原因,

乾燥肌は、肌の水分や皮脂が不足することによって、肌に潤いがなくなってしまう状態を言います。

入浴後や洗顔後に肌がつっぱりを感じたり、カサカサすると乾燥肌になっていると言えるでしょう。

ではなぜ乾燥肌が起こってしまうのでしょうか?

その原因について説明していきますね!

乾燥肌の原因は肌のバリア機能の低下

乾燥肌,バリア機能,

肌の水分保持力が衰えて、乾燥肌になってしまうのは、「肌のバリア機能」が大きく関係しています。

正常に肌のバリア機能が働いていれば、肌の角質層が外からの刺激を守ってくれて、肌内部の水分と脂質が逃げるのを防いでくれるので、肌が乾燥せずに潤いの肌を保ってくれます。

ですが、肌のバリア機能が低下してしまうと、角質細胞に含まれているアミノ酸などの天然保湿因子や細胞脂質が減り、細胞を繋ぎとめてくれる力が弱くなってしまいます。

すると、そこから水分が逃げてしまうので、乾燥肌になってしまうというわけです。

ではなぜ肌のバリア機能が低下してしまうのでしょうか?

肌のバリア機能が低下する原因は、次のような原因があります。

肌のバリア機能の低下の原因① 「肌のターンオーバーの乱れ」

健康な肌は、皮膚の新陳代謝のターンオーバーによって、新たに細胞が入れ替わるためバリア機能を保つことができます。

ですが、ストレスや生活習慣の乱れでターンオーバーのサイクルが乱れてしまうと、バリア機能が低下してしまいます。

よって、バリア機能が低下することで、天然保湿因子や細胞間脂質が生成なれにくくなってしまうので、水分が外に逃げてしまうというわけです。

肌のバリア機能の低下の原因② 「紫外線による肌ダメージ」

紫外線はシミやシワ、さらに日焼けなど、肌トラブルを引き起こす原因と言われています。

紫外線は肌の一番外側にある角質層に直接ダメージを与えます。

すると紫外線のダメージを受けてしまうので、肌のバリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能の低下の原因③ 「冷房・暖房の長時間の使用」

冷房と暖房を長時間使用すると、空気は乾燥してしまいます。

すると自然に肌も乾燥してしまうので、この乾燥によって肌のバリア機能が低下します。

肌のバリア機能の低下の原因④ 「加齢による皮脂分泌量の減少」

個人差はありますが、年齢と共に誰でも水分やセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子が減っていきます。

これらが減少しも、バリア機能が低下してしまいます。

肌のバリア機能の低下の原因⑤ 「間違った洗顔方法」

毎日の洗顔でゴシゴシと洗いすぎていたり、洗浄力が強すぎる洗顔料を使っていると肌バリアの機能が低下してしまう可能性があります。

肌のバリア機能の低下の原因⑥ 「ビタミンB群の不足」

栄養が偏って、ビタミン類が不足してしまうと肌あれの原因となります。

特にビタミンB群は、肌のターンオーバーの動きを正常に保つ働きがあるため、ビタミンB群が不足してしまうと、ターンオーバーが乱れてしまいます。

するとバリア機能が低下につながってしまいます。

以上が乾燥肌の原因となります。

乾燥肌はバリア機能が低下が大きく関係していますね。

なので紹介した原因を普段から気を付けてみてください。

では次は、乾燥肌の正しいスキンケア方法について紹介します!

乾燥肌の正しいスキンケア方法

乾燥肌,スキンケア,

間違ったスキンケアをしてしまうと、乾燥肌になってしまいます。

なので乾燥肌は、正しいスキンケアがとても重要といえます。

乾燥肌の正しいスキンケアのポイントは、
・正しいクレンジングと洗顔
・しっかりと潤う保湿ケア
がポイントになります。

では、1つずつポイントを詳しく紹介していきますね!

乾燥を防ぐ正しいクレンジングと洗顔

乾燥肌,正しい,

クレンジングと洗顔は、肌をキレイに保つためには欠かすことができません。

ですが、一方で肌に負担も与えてしまいます。

なので正しくクレンジングと洗顔をするには、短時間で済ませて、絶対肌をこすらないのがとても重要です。

例えばクレンジングの場合は、
・オイルやシートタイプのクレンジングは、刺激が強いので控える
・肌への刺激が少ないミルクやクリーム、バームタイプのクレンジングを使う
・肌を絶対にこすらずに約40秒で終わらせる
の3点に気をつけましょう。

そして洗顔の場合は、
・洗顔ネットで洗顔料をよく泡立てる
・肌に直接触らずに、泡を転がすようにして洗顔
・熱湯や冷水ではなく、ぬるま湯ですすぐ
の3点が大切です。

乾燥肌を防ぐしっかりと潤う保湿ケア

乾燥肌,保湿,

乾燥肌は、水分や皮脂が不足している状態です。

なので、肌に潤いを与えてあげる必要があります。

もちろん、保湿をする上でも重要なポイントがあるんです。

洗顔後はすぐに保湿成分が含まれたケア用品をつける

洗顔後の肌はすぐに乾燥してしまいます。

肌が突っ張った経験はありませんか?

なので、洗顔後はできるだけすぐに化粧水で保湿をしてあげましょう。

化粧水はコットンではなく、手でなじませる

化粧水をコットンでなじませている人も多いかと思います。

ですがコットンを使用すると、コットンの繊維で肌が傷ついてしまうことがあります。

なので、手で肌を優しく押さえてなじませるようにして、化粧水をつけましょう。

肌を叩いたりこすってなじませない

肌を叩いたりこすって保湿しようとすると、刺激によって肌が傷ついてしまいます。

乾燥肌以外にもシミやシワの原因になってしまいます。

正しい保湿方法として、さらに効果を上げたいという人には、化粧水や保湿液、乳液などは、シリーズ商品を使うとより効果的に肌を保湿してくれます。

ですが紹介した方法で、毎日スキンケアをしているにも関わらず、肌のカサツキや赤み、ひどいかゆみの症状がでた場合は、皮膚科を受診してくださいね。

以上が乾燥肌に対しての正しいスキンケア方法になります。

ただ保湿をすればいいものではなく、クレンジングや洗顔もとても重要になります。

もちろん保湿の方法も大切です。

ぜひ紹介した方法でスキンケアをしてみてください。

正しいスキンケアをするだけで、乾燥以外にも他の肌トラブルが起きなくなってきますよ。

まとめ

今回は乾燥肌の原因と正しいスキンケアの方法を紹介しました!

乾燥肌の原因は、肌のバリア機能の低下が大きく関係していることがわかりました。

肌のバリア機能の低下の原因を覚えておけば、乾燥肌への対処をすることができますね。

そしてそれにプラスして正しいスキンケアをしてください。

正しいスキンケアは、クレンジングや洗顔、保湿が重要という事がわかりました。

もし、今まで自分がやってきたスキンケアち違ったら、すぐに紹介した正しいスキンケア方法をしてください。

しっかりとスキンケアをして、肌のバリア機能の低下を防ぐことができれば、乾燥肌のカサカサ肌とサヨナラすることができますよ!

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ