ファイトケミカルとは?健康効果と多い食品の選び方について

健康全般
スポンサーリンク

ファイトケミカルとは聞きなじみのない言葉だと思います。

ファイトケミカルは今まで栄養素と認められていなかったものですが

近年の研究の結果、生体に有用な作用があることがわかってきています。

 

そこでファイト計三かるとはどういうものかを説明します。

スポンサードリンク

ファイトケミカルとは

ファイトケミカルとは、「植物栄養素」
とも呼ばれ、植物から得られ、植物に含まれる色素や香りなど
これまでの栄養学では「栄養素」と認められていなかった
生体に有用な作用を有する化合物のことです。
 
近年の研究により、
フィトケミカルに高い抗酸化作用があることがわかり、
免疫系の機能を高めたり、さまざまな病気の予防に役立つ
「抗酸化栄養素」として注目を集めるようになりました。
 
ファイトケミカルという言葉は馴染みがないかもしれませんが、
「ポリフェノール」や「リコピン」は聞いたことがあるのではないでしょうか?
 
ぶどうに含まれることで有名な「ポリフェノール」
スイカやトマトの赤い色になっている「リコピン」
大豆の「イソフラボン」や緑茶の「カテキン」も
すべてファイトケイミカルです。
 
現在見つかっているファイトケミカルは数千種ですが、
実際には数万種類のファイトケミカルがあるのではと
言われています。

ファイトケミカル,野菜,
ファイトケミカルの健康効果

 
1、活性酸素の除去
2、傷ついた細胞(遺伝子)の修復
3、ガン細胞の増殖防止(ガン予防)
4、感染症に対する抵抗力の強化
5、免疫力を高める
6、記憶力、集中力、アルツハイマーの予防
7、老化防止
 
こうした素晴らしい働きがあります。
最近は、精製したり加工したりした食材を
用いることが多いために、ほとんどの人が
ファイトケミカル不足になっていると言われています。
 
それが、ガンを始めとする慢性疾患を促進する
1つの要因になっているのではと懸念されています。

ファイトケイミカルを多く含む食品の選び方

ビニールハウス,ファイトケミカル,
ファイトケミカルが含まれていないのが、
ハウス栽培の野菜です。
 
ファイトケミカルのほとんどは、
植物性食品に含まれていますが、
その精製過程には「日光」が深く関係しています。
 
ハウス栽培で作られた農作物は、
露地栽培のものと比べ、ファイトケイミカルが少ない
ことがわかっています。
ファイトケミカルはその生成過程で、
日光が関わっていると書きました。
 
植物は動物と違って自分の意志で
自由に動けません。
強い紫外線にさらされても、
虫にたかられても、動くことができません。
 
そのために植物は、強い紫外線を浴びても火傷しないように、
紫外線を吸収し、無害なものに変える物質や、
害虫に食べられないように虫の嫌う物質が生成されるように
なっています。
その生成される物質がファイトケミカルです。
ファイトケミカルの生成を誘発する
刺激としての紫外線が少なければ
ファイトケミカルの生成も十分に行われないようです。
 
ですから、日光や風雨、害虫と言った外的刺激を遮る
ビニルハウスで育った食物は十分に刺激を受けた
露地栽培の植物よりファイトケイミカルが少なくなってしまいます。
ハウス栽培かどうか見た目だけで見分けるの難しいですが、
旬の野菜を選ぶようにしておけば、
自然とハウス栽培のものをは避けることができます。
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ