乾布摩擦は風邪予防以外にも美容の効果大!簡単なやり方で効果絶大!

健康全般
スポンサーリンク
「乾布摩擦は風邪の予防に効果がある」
と聞いたことがある方は多いと思います。
しかし、なぜ体に良いのか、どういう効果があるのかが
はっきり知らない方が多いと思います。
 
また乾布摩擦は風邪の予防だけではなく美容にも効果があることがわかっています。
 
乾布摩擦の効果とやり方を説明していきます。
 
スポンサードリンク

乾布摩擦の効果!

乾布摩擦,効果,

乾布摩擦なんでいいのか?その最大の健康の効果は
血流をよくすることです。
 
血流がよくなると毛細血管にきちんと
血液が流れ、体のすみずみまで酸素や栄養が
いきわたるようになります。
 
そうすると、体温も上がりやすくなりますし、
自律神経のバランスも整ってきます。
 
花粉症などのアレルギー体質の改善や冷え性、
肩こり、不眠などは、自律神経の乱れが
一因と考えられています。
 
その自律神経のバランスが整えば、
病気になりにくい体を作ってくれます。

乾布摩擦のやり方

まず、1メートルほどの長さのやわらか目の
タオル(絹や綿)を準備します。
 
乾布摩擦は裸で直接肌をこするイメージがありますが
裸でしなくても大丈夫です。
服の上からでも十分な効果があります。
 
むしろ、直接肌をタオルでこすると
肌トラブルの原因になるので、
服の上からのほうがいいです。
 
こする強さは、ゴシゴシではなく、
気持ちが良いと感じる強さでゆっくりします。
1つの部位を5回こすれば大丈夫です。
 
行うタイミングは、
朝起きてすぐか、入浴前がおすすめです。
 

1、背中をななめにこする

背中の真ん中や肩甲骨を意識しながら、
背中全体を乾布摩擦します。
持ち替えて反対側もします。
 

2、肩と肩甲骨をこする

タオルが両肩に当たるように持ち、
左右にこすります。
少しずつ下にズラし肩甲骨のあたりまでこすります。
 
肩甲骨周辺は、体温を上げて全身の代謝をよくなる
褐色脂肪細胞があるので、意識してこすると効果的です。

3、背中の中央をこする

背中の中央にタオルをあてて、
左右にこすります。
少しずつ下にずらし、
腰くらいまで、まんべんなくこすります。

乾布摩擦でダイエット効果

乾布摩擦,ダイエット,

乾布摩擦でダイエット効果もあります。
ダイエットを目的にする場合は、背中をこするのが有効です。
 
肩甲骨のあたりには、
体温を上げて代謝をよくする
褐色脂肪細胞があります。
 
代謝をよくすることが
ダイエットでは非常に有効です。
 
また気になる部位があったら、
そこをこするのも効果的です。
 
また便秘解消にはお腹をこすりましょう。
 
お腹の冷えは便秘のもとなので、乾布摩擦で血流を良くして、
冷えをとれば便秘が解消します。
 
便秘は健康においても美容にもおいても大敵です!
人間の体温は36度です。
 
 36度のところに食べ物を丸1日おいておいたらどうなるでしょうか?
普通に考えて腐ります・・・
それが腸の中に長時間あれば、体調がwるくなるのは当たり前のことです。

まとめ

どんな健康法でも、
きついものは長続きしません。
 
服の上からでもタオルでこするだけなので、
テレビを見ながらでもできる乾布摩擦は
子供にも高齢者にも簡単にできて
健康面でもダイエットにも効果的です。
 
ながらでもいいので、乾布摩擦は習慣にしたいですね!
こするだけですが、効果絶大です!
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ