玄米をすすめる3つの理由!白米より栄養があってダイエットにも良い?

食事 ダイエット 健康全般
スポンサーリンク
「米」は稲という植物の種です。
この種は実った状態では、
もみ殻という殻に包まれています。

 

この、もみ殻の部分を外したのが「玄米」
玄米から果皮、種皮、糊粉層など「ぬか」と
呼ばれるものを取り除いたのが「胚芽米」
そこからさらに胚芽まで取り除き、
胚乳だけにしたものが「白米」です。
玄米,白米,
スポンサードリンク

玄米が良い理由1:玄米は生きた食べ物

白米ははやわらかく甘みも強いので
日本人はとくに好んで白米を食べますが、
白米は米の最も大事な部分を取ってしまった
「死んだ食物」です。

 

リンゴの皮をむいておいておくと
酸化して茶色くなります。

 

精製したお米も色こそ変わりませんが、
皮をむかれているので、玄米より早く
酸化してしまいます。

 

自家精製器などで、精米したての白米を食べると
おいしく感じるのは、白米が酸化していないからです。

 

白米には「ぬか」と「胚芽」の部分がありません。
ですから水に漬けておいてふやけるだけで、
発芽することはありません。

 

しかし、玄米は適度な温度であれば
水に漬けておくと発芽します。

 

発芽することのできる玄米は
生命力を秘めた「生きた食べ物」です。

 

玄米が良い理由2:栄養が豊富

精製されていない穀物には、
体に良い栄養素がたくさん詰まっています。

 

タンパク質、炭水化物、脂肪、食物繊維、
ビタミンB1や、ビタミンE、鉄分やリンなどの
ミネラルといった多量の微量栄養素がバランスよく入っています。
そしてエンザイムもたくさん入っています。

 

白米はどれほど良いものでも玄米と比べると、
栄養素は玄米の4分の1ほどしかありません。

 

とくに胚芽部分には、さまざまな栄養素が
いっぱい詰まっていますから、胚芽が残っている
お米がおすすめです。

玄米が良い理由3:ダイエットにも効果的

 
炭水化物は太ると言われいますが、
けっしてそんなことはありません。

 

もちろん、何でも食べ過ぎはよくありませんし、
玄米だけ食べれば良いということもありません。
何でもバランスが大事です。

 

玄米が良いのは栄養価が高く腹持ちがよくなります。
また、よく噛んで食べますので、
食事の時間が長くなります。

 

そうすると、食べている間に血糖値が上がって、
食欲が抑制され、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

玄米食のすすめ

玄米は炊くのが大変だという人が多いのですが、
市販されている炊飯器には玄米炊きの機能がありますので、
普通に白米を炊くのと同じでできます。また「発芽玄米」といって、
ほんの少しだけ発芽させた玄米も
かんたんに手に入ります。

 

発芽玄米なら、玄米炊き機能のない炊飯器でも
おいしく炊くことができます。

 

精製していない穀類が良いのは
「麦」の場合も同じです。
小麦も精製すると、栄養素は激減します。
パンやパスタを楽しむときは、
全粒小麦粉を使ったものを選ぶとよいです。
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ