なぜ50代になると病気になりやすくなるか

健康全般
スポンサーリンク

低体温はあらゆる人にとってよくありません。
なかでも、とくにリスクが高くなるので
気を付けてほしいのが50代以上の低体温の人です

同じ低体温でも、20代では申告な病気なる人は
そんなに多くいませんが、
50代になると病気を発症してしまう人が急増します。


脳の血流障害で起きるパーキンソン病も、
発症する人のほとんどが50~60代です。

パーキンソン病に限らず、
多くの病気が50代を境に
発症率が急増します。

なぜ50歳を過ぎると病気になりやすくなるか?

なぜ50歳を過ぎると病気になりやすくなるかというと
ほとんどの人に加齢による動脈硬化が起こってくるからです。

動脈硬化とは、読んで字の通り
動脈の血管壁が固くなることです。

しかし、たんに硬くなるということだけではありません。
血管の内側に悪玉コレステロールがこびりついて
「プラーク」と呼ばれる脂肪の塊ができ、
血液の流れが悪くなるとともに
詰まりやすくなってしまうのです。
加齢によって、こうした動脈硬化がひどくなっていくのが、
だいたい50歳前後。

ですから50代の人は、
年齢的な問題で動脈硬化になってしまうので、
たとえ体温が高い人であっても、
若かった時に比べたら血流が悪くなっていると
考えたほうがいいでしょう。

ただでさえそうした年齢的リスクがあるうえに、
低体温が加わると、発病のリスクは一気に跳ね上がります。
動脈硬化によって固く狭くなった血管の中を、
低体温によってドロドロになった血液が流れることになるのです。

しかも、その低体温が交感神経の過緊張によるものだったら、
血管は収縮するので、さらに細くなります。

そうなると、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの深刻な病気を
招く可能性も増えてきます。

動脈硬化を予防する4つのこと

動脈硬化を招く危険要因は、リスクの高い順番にいうと、
「高血圧」「喫煙」「糖尿病」「高コレステロール」
の4つです。

ここで気を付けたいのが
「喫煙」の習慣のある人です。
そのほかの3つは、健康診断で要注意といわれると、
多くの人が食生活を見直したり、薬を服用して
コントロールしようと努力するのですが、
リスクが2番目に高いにもかかわらず、
喫煙をやめる方はけっこう少ないです。

そのため、いくら血糖やコレステロールをコントロールしても、
タバコを吸い続けたのでは効果はありません。

喫煙している限り
動脈硬化はどんどん進行していきます。

50歳以降でも健康でいるためには

50歳以降も健康でいるためには、
まずは動脈硬化を招く4つの要因を
すべて取り除くことです。

そのうえで体温を恒常的に上げる努力を続ければ、
血流が改善され、硬くなった血管細胞も徐々に回復し、
動脈硬化は改善されていきます。

動脈硬化が改善されれば、
それだけ病気を発症しにくくなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ