機能性胃腸症(ディスペシア)とは?その原因と症状や診断基準と治療について

病気 健康全般
スポンサーリンク
機能性胃腸症と聞きなれない言葉だと思いますが、
胃のもたれや痛みがあると 潰瘍やがんなどの可能性があるので、
内視鏡検査で胃の状態を確認するのですが、
異常がないケースが多いそうです。
最近まで、慢性胃炎、神経性胃炎、胃けいれん、胃アトニ―、胃下垂
といった診断名を付けられていた症状を、
最近では「機能性胃腸症」と呼んでいます。
胃の粘膜などに器質的疾患がないにもかかわらず
「炎」という名称を使用することがふさわしくないとの判断から
こうした症状をひとくくりにして「機能性胃腸症」と呼ばれるようになりました。

機能性胃腸症の原因

心理的ストレスと、体(胃を含む)の物理化学的ストレスによる、
2つの要因があるとされています。
ストレスや過労などが大きく関与しているといわれ
現代病の代表的な症状の1つです。
通常、胃痛は潰瘍など粘膜の炎症により引き起こされるので、
炎症が改善すれば痛みも消失します。
胃のもたれについては食べ過ぎなどによる食物の停滞により生ずるので、
時間の経過や、あるいは食べる量の減少によって解決されますが、
機能性胃腸症の場合は胃の運動機能障害により、胃痛やもたれが引き起こされています。

機能性胃腸症の症状

・胃がもたれる
胃の収縮機能が低下し、胃に不快感があります。
・胃が痛い
胃が知覚過敏となり、胃にキリキリとした痛みが生じます。
・すぐ満腹になる
胃の拡張機能が低下し、少量の食事ですぐにお腹がいっぱいになってしまいます。
・みぞおちが痛い
みぞおち部分に痛みがあります。

機能性胃腸症の診断基準

機能性胃腸症を診断するには、
胃粘膜に器質的変化がないことのを確認する検査が行われます。
問診(病歴や症状への質問)の他、血液検査、胸腹部レントゲン、
内視鏡、超音波、胃排出能(胃の運動機能など)
便潜血などの検査が、症状に合わせて選ばれます。
また、症状により心理的要因が示唆される場合には
心理テストなどが加わることがあります。

機能性胃腸症の治療法

治療には「薬物療法」「生活習慣の改善」の2種類があります。
薬物療法では、機能低下や過敏になっている
腸の働きを正常な状態に導く
「消化管運動機能改善薬」、
胃酸の分泌量を抑制する「胃酸分泌抑制薬」、
そして緊張や不安などストレスに働きかける
「抗不安薬」などが処方されます。
生活習慣の改善では食生活の改善。
一日三度の食事を規則正しく摂ること、
暴飲暴食を避けてゆっくり咀嚼して食べること、
そして消化によいものを食べることです。
また、質のよい睡眠をしっかりとり、
できるだけストレスを溜めない生活を心がけることも大切です。
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ