やけどの深さや原因別のガーゼや薬を使った処置法と、してはいけない民間療法

健康全般
スポンサーリンク
やけどをしたら、どうしたらいいかを書きます。
できるだけ早く対処するようにしましょう。

やけどの深さ

皮膚の断面は、一番上の表皮・真皮・皮膚組織に分かれています。
やけどのダメージがどこまで深いかで、3段階に分類されます。
・1度(表皮のやけど)
症状:皮膚が赤くなる・ひりひりとした痛み
経過:小さなやけどは、冷やして清潔にしておけば、
数日で治る
・2度(真皮のやけど)
症状:水ふくれができている・痛みが強く焼けるような感覚
経過:細菌感染が起きやすい、
広範囲のやけどは、ショックや腎不全などが起こりやすい
2度の軽いものを除いて、傷あと(ケロイド)が残る
・3度(皮膚組織のやけど)
症状:皮膚が白っぽくなる・神経まで損傷し、痛みを感じなくなる
経過:2度と同じ
2度以上のやけどは医師の治療が必要です。
・やけどの原因
やけどの原因で多いのは台所周りのもので、
熱湯、みそ汁、コーヒーなどの液体や炊飯器の蒸気など。
他にストーブ、アイロンなど高温のものに直接触って
やけどすることもあります。
乳幼児のいらっしゃる家庭では日ごろから
ポットや炊飯器の置き場所を工夫しましょう。

やけどの対処法

1、すぐに水で冷やす
・手足のやけど
できるだけ早く、痛みと熱さをかんじなくなるまで、
水で十分に冷やしてください。
・顔面のやけど
顔面やけどで、鼻毛やまつ毛がこげていたら
急いで病院で受診しましょう。
気道熱傷といって、呼吸状態が悪くなることがあります。
・衣服の上からのやけど
やけどした部分に付着している衣類を無理にはがすと、
皮膚組織を痛めるため、着たままの状態で
水をかけ冷やしてください。
2、清潔なガーゼで幹部を覆う。
冷やした後は、清潔なガーゼ、または布で
軽く覆ってください。
※傷にくっ付かないガーゼが薬局にあります。
3、薬は塗らない
ご自宅にある薬は塗らないほうが良いです。
病院で処方されたものを塗りましょう。
※注意事項
水ふくれはつぶさないようにしましょう。
水ふくれをつぶしてしまうと細菌が入りやすく、
感染を起こし、治りが遅くなってしまいます。

民間療法はやめましょう

やけどをした部分に、
アロエ、みそ、チンク油などは絶対に塗らないでください。
民間療法は、症状の悪化や治りの遅れの原因になります。

まとめ

やけどをしたときは、
できるだけ早く水でやけどした部分を
冷やしましょう。
やけどが深い時は病院で受診しましょう。
薬は病院で処方されたものを塗りましょう。
民間療法はしないようにしましょう。
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ