風邪をひいたらお風呂に入ったほうがいい!風邪薬は回復を遅くする?

健康全般
スポンサーリンク

体を温めると風邪が早く回復します

「風邪をひいたらお風呂には入らないように」
と言われたことがあると思います。

風邪をひいた時に発熱するのも
血行をよくするとともに酵素活性を高めることで
免疫力を高め、ウイルスを撃退しようとしているからです。
ですから風邪をひいたときに
お風呂にゆっくり浸かってしっかり体を温めることで
免疫システムがウイルスと戦いやすい環境を
外から整えてあげることになるので
風邪が早く治ります。

あとは湯冷めしないように
暖かくして十分な睡眠をとるようにしましょう。

風邪薬は飲んではいけない

風邪をひいたらまず風邪薬を飲むと思いますが、
飲まないほうがいいです。
一般的な風邪薬というものは
風邪の原因になるウイルスに対処するものではなく
諸症状を緩和する薬品成分が含まれたものです。

そして、そうした薬品成分の多くは副交感神経の働きを抑え
交感神経を刺激し、交感神経を高めるものです。

そのため、働きすぎで疲れている人が風邪薬を飲むと
ただでさえあまりよくない血行がさらに悪くなり
低体温を招いて、免疫力が低下してしまいます。

風邪気味くらいで薬を飲むのは
かえって体に良くないのでやめましょう。
風邪薬よりもさらに悪いのが「鎮痛解熱剤」です。
鎮痛解熱剤のほとんどは、交感神経を高めます。
リスクは交感神経を高めるだけではなく
文字通り体温を下げることです。
発熱すると体が熱くなってダルくなるので、
熱を下げたほうが体がよくなると思ってしまいます。
しかし、熱は体が免疫力を高めてウイルスと戦うために必要な熱です。
それを解熱剤で下げてしまっては
免疫システムの働きを悪くする行為ですから
かえって風邪が治らなくなってしまいます。

 

高齢者など体力のない場合は、

38.2度くらいで解熱剤が必要な場合もありますが、

処方するときはその人の状態を見ながら微妙に調節し、

体温が37度台後半を維持するように注意して処方するべきだそうです。

 

「毎食後1錠ずつ」というような大雑把な処方はしないそうです。
現在アメリカでは風邪の初期症状で、
薬を処方することはほとんどないそうです。

まずはビタミンCとマグネシウムを飲むことを勧めます。

 

なぜマグネシウムかというと、

ビタミンCはバイオフラボノイド類、カルシウム、マグネシウムと一緒の時に

最も効率よく働くからです。

そして普段の食事でマグネシウムが不足しがちなので、

ビタミンCの働きをよくするために一緒に摂取するといいのです。

まとめ

風邪をひいたら、できるだけ風邪薬は飲まないで、

体温を温かくして休みましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ