ニューヨークカウントダウン2018-2019楽しみ方とトイレ情報!

お出掛け情報
スポンサーリンク

今年も残すところあと2ヶ月。

すっかり秋も深まり、あっという間に新年を迎えそうです。

今年の年末年始はカレンダーも良く、中には“10連休!”なんていう方も

いらっしゃるのではないでしょうか?

せっかくの長期休み、海外で年明けを過ごす方も多いのでは?

 

そこで今回は、誰もが一度は訪れたい、

ニューヨーク タイムズスクエアカウントダウンについて、

現地居住経験者が、楽しみ方と、気になるトイレ事情をお伝えします。

 

ニューヨーク,2018,

 

スポンサードリンク

ニューヨークカウントダウン2018-2019基本情報

 

ニューヨークのカウントダウンは1904年から始まり、2019年で114年目となります。

なんとも歴史のあるイベントなんですね!

毎年100万人以上の人々が世界各国から集まり、新年の幕開けを共にお祝いします。

 

ニューヨーク,2019,

 

イベントの開催場所は、マンハッタン島のタイムズスクエア付近です。

タイムズスクエアは、かの有名なブロードウェイの各シアターが所在するエリアで、

各国のテレビ局が中継を行ったり、観光客は一度は絶対に訪れる、

所謂マンハッタンの中心ともいえるべき場所です。

 

ニューヨーク,楽しみ方,

 

マンハッタン島内は地下鉄で移動することも多く、

複数の路線が交差する「タイムズスクエア駅」が最寄りとなりますので、

アクセスは非常に良いと言えます。

 

ニューヨークカウントダウン2018-2019の楽しみ方

 

そんな、世界から100万人が集まるタイムズスクエアのカウントダウンですので、

良いポジションでお祝いをするためには、並大抵の努力では叶いません

根性がある方だけ、挑戦することをお勧めします。

 

イベントでは、タイムズスクエアを起点に、柵で囲われたスペースが幾つか設置されます。

厳密な開場時間はなく、早ければ早い程良いポジションが確保できる仕組みです。

良いポジションを確保するには、大晦日の午前中から並ぶのが主流だと言われています。

料金は無料、予約などもありませんから、早く行ったもん勝ちです。

また、大きな荷物は持ち込みが禁止されており、もちろん椅子も禁止です。

なので半日以上は立ちっぱなしでその時を待ちます。結構厳しいんです…。

 

そして何より肝心なことは、

“一度柵内に入れば、もう抜けられません”

 

“抜けられない”というのは語弊がありますが、

一度抜けてしまうと、二度と同じポジションには戻ることが出来ないという意味では、

抜けられないんです。抜けてはいけないのです。

 

―「え、12時間以上もどうするの!?ごはんは?トイレは?」

“我慢しましょう”

 

そう、これが世界一のカウントダウンです。

 

また、例年の傾向では午後3時頃を過ぎると用意された柵内は満員となり、

結局柵外で見ることに…なんてことにもなりかねませんので、

せっかく足を運ぶからには万全の態勢で挑みましょう。

 

さらに、ニューヨークの冬は非常に寒いです。

氷点下にだってなりますし、が降ることも大いに考えられます。

ニューヨークの緯度は、日本でいうとほぼ北海道です。

そんな中でひたすら待ち続ける、、、

相当な覚悟が必要なのがお分かりいただけるかと思います。

 

ニューヨークカウントダウン,2018,

 

ニューヨークカウントダウン2018-2019のトイレは?

 

さて、みなさんが一番気になるのはトイレ事情ではないでしょうか。

トイレに行きたいがために、せっかく手に入れたポジションを諦めることなんて

したくない!……ですよね!?

では、参加しているみなさんはどうしているのでしょうか?

 

その答えはズバリ“おむつ”です。

 

ニューヨークカウントダウン,2019,

 

 

えっ…そこまでして!?

驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、本当です。

大の大人がおむつを履いて参戦しています。それくらいみんな本気です。

もちろん、中にはおむつ無しの方も沢山いるかと思いますが、

その場合は長時間水分を絶ち、極寒の中上手に暖を取っているのです。

もはやサバイバルですね。

 

また、我慢できず離脱した場合でも、周辺にすぐに利用できるトイレはまず無いと思っていただいても結構です。

日本とは違いホリデーシーズンで休業のお店も多く、

開いている場合も長蛇の列…といった具合です。

 

そこで、現地在住経験者の私が何度か参戦した中で、

柵外の参戦でも良いという方限定でおすすめの方法をお教えします!

 

・昼過ぎにマンハッタン入りをする

(3時を過ぎると混みあってくるので、できればそれより少し前がおすすめ)

・タイムズスクエア近くで営業しているレストラン(○PPLE BEE’S等は営業しています)でゆっくり時間をかけながら早めの夕食を取り、トイレを済ませる

・6時頃からメイン会場周辺でイベントを楽しむ

(ここでは毎年有名な歌手などがコンサートを行ったりしています)

・心も体も余裕を持って新年を迎える!

 

柵外でも柵内同様の盛り上がりを見せるので、

特にこだわらないという方にはこの方法をおすすめします!

 

ちなみに、カウントダウンが終わると一斉に帰宅ラッシュが始まります。

会場はごった返し、土地勘が無い場合は大変な思いをすることになりますので、

予め帰路を確認しておくことを強くお勧め致します。

ただし、1月1日は夜通し各所でイベントやコンサートが行われているため、

予めそちらのチケットを入手して、ニューヨークの街をオールナイトで楽しむのも

良いかもしれませんね♪

 

ニューヨークカウントダウン,楽しみ方,

 

 

まとめ

 

さて、ここまで過酷な情報をメインにお伝えしたこともあり、

マイナスイメージをお持ちになった方も多いかもしれません。

しかし、ここまで頑張った後の世界一のカウントダウンは

言葉では表現できないほど素晴らしく、一生の思い出になること間違いなしです。

午前0時間際になると、周辺全体が一丸となり、カウントダウンの大合唱、

年が明けるとボールドロップで盛り上がりは最高潮に!!

その瞬間、一緒に参加した家族や恋人、時には隣にいた知らない人とも

HUG & KISSの連鎖!!

なんとも自由の国アメリカらしいですね!!

 

新しい年のはじまり、

世界の中心ニューヨークで 輝かしい夜を

世界中の人々とお祝いしてみるのも良いのではないでしょうか?

 

ニューヨークカウントダウン,トイレ,

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ