鳴門市納涼花火大会2018のおすすめスポットや駐車場などの情報

お出掛け情報
スポンサーリンク

徳島県内では一番大きな花火大会で、毎年多くの観客で盛り上がる花火大会です。

 

そして今年は、“第九”アジア初演100周年記念という事で、いつもよりも多い10,000

発の花火が上がるようですよ。

 

鳴門市納涼花火大会の良さは、周辺に高い建物があまりないので、比較的どこからでも見やすいというところです。

 

鳴門市納涼花火大会に足を運んでみませんか?

スポンサードリンク

鳴門市花火大会の概要

 

開催日:8月7日(火)

 

時間:19:45~20:50まで

 

打ち上げ場所 撫養川沿い親水公園

 

小雨決行:雨天の場合は8月31日に延期

 

運営:鳴門阿波踊り実行委員会

 

鳴門市花火大会の駐車場などの情報

 

周辺には無料の駐車場も多数ありますが、撫養川沿いが歩行者天国になるため、18:30~22:00まで交通規制の行われる道があります。

 

そのため周辺に駐車した場合は、帰りが渋滞して大変かもしれませんね。

 

そこで用意されているのが、またBORT RACE鳴門の駐車場です。

 

こちらが臨時駐車場として使われます。

 

BORT RACE鳴門から鳴門郵便局場までのシャトルバスが出ていますよ。

 

ただ一台につき500円の駐車料金がかかりますで、気を付けて下さいね。

 

徳島市からも臨時のシャトルバスが運行されますので、こちらを利用するのもいいかもしれませんね。

 

 

鳴門駅からも徒歩で15分くらいなので、JRで行く方法もありますよ。

 

有料観覧席も用意されてはいるのですが、こちらは早々と完売してしまっているようです。

 

7月1日から売り出されて、電話やメールで予約が出来るようです。

 

残念ながら今年はもう無理ですが、もし来年も見たいなら、その辺のチェックをしておくのもいいですね。

 

 

鳴門市花火大会おすすめスポット

 

 

納涼花火大会の打ち上げ花火は、市内のいたるところから見ることが出来ますが、その中でも特におすすめなスポットを紹介したいと思います。

 

おすすめ1「妙見山」

妙見山は鳴門市納涼花火大会の会場にほど近い、標高60mほどの山です。

 

山頂には駐車場もあるし、狭い道ですが、裏から帰れば混雑を避けて帰れる可能性もありますよ。

 

そこから見下ろす感じになるので、下から見るのとは違った花火を楽しむことができます。

 

しかも妙見山は夜景のきれいに見える場所でもあります。

 

花火と夜景の両方を同時に楽しめるという、絶好のロケーション!

 

これを見逃すのはもったいないですよ。

 

 

おすすめ2「うずしおふれあい公園」

 

鳴門駅の裏手にある公園です。

 

花火会場からは少し離れていますが、ここからも十分に楽しむ事が出来ます。

 

こちらには駐車場もトイレもあるので、安心して楽しむ事が出来ますね。

 

渦潮ふれあい公園のいいところは、バイパスにも近いので、徳島市内や香川方面に帰るにも便利な場所だというところです。

 

しかも会場からは少し離れている分、帰りはそんなに混雑する事なく帰る事が出来ますよ。

 

おすすめ3「ポカリスエットスタジアム周辺」

ここも広い駐車場があります。

 

スタジアム自体が邪魔になり、場所によってはあまり見えない事もあるかもしれませんが、広い公園もあるので、見やすいところを探すという事が出来ますよ。

 

すぐ近くにコンビニもあるので、飲食物を購入することも可能ですね。

 

ただ会場に近いため、帰りは早めに出ないと、渋滞に巻き込まれてしまう可能性もあります。

 

まとめ

混むのを覚悟で行くのでしたら、やはり撫養川沿いがいいですね。

 

屋台も出るようなので、お祭り的な雰囲気も楽しめますよ。

 

納涼花火大会は夏の風物詩でもあるので、ひと夏に一度くらいは見たいですよね。

 

昨年は残念ながら、台風の影響で中止になってしまったのですが、今年は順延も決まっているので、どちらにしても楽しめそうですね。

 

この夏は今までにないような暑い日が続いているので、熱中症対策もしっかりとしつつ、

是非、鳴門市納涼花火大会に行ってみて欲しいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ