パルシェ香りの館・香りの湯のレストランやアクセス!ハーブ好きの癒しスポット

お出掛け情報
スポンサーリンク

パルシェ香りの館・香りの湯は淡路島にある、香りのテーマパーク。

 

遊ぶ、食べる、そして癒しに泊まる、と楽しみがいっぱいです。

たくさんの種類のハーブが植えられたハーブガーデンや、温室などを見て楽しんだり、お香やせっけん作りの体験をすることが出来ます。

 

疲れたらカフェや温泉で、のんびり休憩も出来ますよ。

 

そんなパルシェ香りの館の魅力を紹介しますね!

 

スポンサードリンク

パルシェ香りの館・香りの湯を見て楽しむ

パルシェ香りの館には、50種類のハーブなどが植えられた大きなハーブ園や、香りの小径、フクシア大温室などがあって、様々な植物を見て楽しむことが出来ます。

 

季節それぞれに見どころが訪れるので、いつ行っても楽しむことが出来ます。

 

これからの季節は千日紅や、セージ類が豊富に咲いているようです。

 

春にはカモミールの白い花、6月にはラベンダー、秋にはコスモスが咲き乱れる、美しい様子が見られますよ。

 

 

フクシアっていう花を知っていますか?

 

様々な色があって、形もかわいくて可憐という言葉がぴったりのお花です。

 

パルシェ香りの館には、フクシアの専用の温室があって、たくさんの種類を楽しむことが出来ます。

 

かわいいお花たちに癒されるのも、いいものですよ。

 

 

販売所には、最近流行している苔玉風の置物なども売られていて、とてもかわいかったです♪

 

様々な植物たちの苗を、ここではとても安価で購入することも出来るので、ハーブ好きな人にはたまりませんね。

 

 

パルシェ香りの館・香りの湯のレストラン

 

パルシェ香りの館では、野菜なども栽培されていて、ここのレストランやカフェ、温泉施設などで食材として使われています。

 

 

施設内のレストラン「ベルレーヌ」では、11:30~15:00までビュッフェスタイルで、1650円で新鮮な野菜を使った料理や、淡路島の食材を思う存分楽しむことが出来ます。

 

カオルカフェでは、淡路島ハーブハンバーガーやワッフル、そしていろんな味のソフトクリームを堪能できます。

 

パルシェの人気No1というラベンダーソフトは私も食べましたが、ラベンダーの香りが口の中に広がって、とてもおいしかったですよ。

 

併設された温泉施設、香りの湯には「和食処かおり」があって、ここではしらす丼やお造り、牛丼などを楽しむことが出来ます。

 

 

パルシェ香りの館・香りの湯を体験して楽しむ

パルシェ香りの館では、様々なワークショップも開かれています。

 

アロマジェルキャンドル・石鹸・お香・香水やミストスプレー・ハーバリウム・フラワーアレンジメントなどです。

 

色とりどりの砂、好みのガラス、小物を入れて作ることの出来るオリジナルキャンドルはとても美しいですよ!

 

所要時間は約40分、費用は1100円です。

 

お香や香水はここで抽出されたエッセンシャルオイルを使って、自分の好きな香りを作ることが出来るので、とても人気があるようです。

 

是非、自分だけのオリジナル作品に、チャレンジしてみてくださいね。

 

 

体験はこれだけではありません。

 

大農園で栽培されているハーブや花の、摘み取り体験もすることが出来るんですよ。

 

こちらは子供たちに人気があるようです。

 

 

パルシェ香りの館・香りの湯のハーブを楽しむ

 

パルシェには、香りの湯という温泉施設もあります。

 

瀬戸内海に沈む夕日を眺めながらの入浴は最高らしいですよ。

 

他にも岩風呂やサウナ、寝湯などがあります。

 

「香りの湯」というだけに、数種類のハーブ風呂も楽しめます。

 

 

日帰り温泉はAM11:00~PM10:00まで入ることが出来ます。

 

というのも、隣接した宿泊施設もあるんです。

 

しかも部屋には、ほのかにハーブの香りが漂っているのだとか。

パルシェ香りの館・香りの湯のアクセス

神戸淡路鳴門自動車道北淡IC

または津名一宮ICより車で15分

 

~パルシェ~

住所 兵庫県淡路市尾崎3025-1

電話  香りの館 0799-85-1162

       香りの湯 0799-85-1126

 

~営業時間~

香りの体験 9:00~17:00(受付16:30まで)

香りの湯  AM11:00~PM10:00(受付9:00まで)

 

~入浴料~

香りの湯 大人700円

     小人400円

 

まとめ

 

パルシェ香りの館には、全長70mという大型すべり台もあったりします。

 

様々な体験をして、遊んで、食べて、温泉でのんびり。

 

一日中優しい香りに癒された後は、そのままハーブの香りに包まれて眠りにつくこともできるという、文字通り癒しの場所ですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ