筥崎宮放生会2018の食べ物や楽しみ方!アクセスや駐車場は?

イベント
スポンサーリンク
今年も放生会の季節がやってきました!
放生会は福岡の三大祭のひとつ!
一般的には「ほうじょうえ」と呼ばれますが、
福岡では「ほうじょうや」と呼ばれています。
 
「ナシもカキも放生会」と言われるほど
福岡で親しまれている秋の代表的なお祭りです。
 
そんな筥崎宮放生会の食べ物やイベントの楽しみ方やアクセス・駐車場情報を
ご案内いたします!
 
スポンサードリンク

筥崎宮放生会の日程は?

放生会,日程,
 
筥崎宮放生会の日程は
毎年9月12日から9月18日まで
と決まっています。
 
開催時間は午前10時~午後9時まで
ですが時間はだいたいです・・・
 
大変な混雑が予想されますので気を付けましょう!
 
 

筥崎宮放生会の食べ物について!

放生会ならではの食べ物その1「新生姜」

放生会,新生姜,
 
放生会にはたくさんの露店が並び
それを食べて回るのも楽しみの1つ。
 
その中で放生会の名物といえば、
「新生姜」
 
筥崎宮付近は元々生姜の栽培が盛んで
この時期に収穫される新生姜が販売されます。

放生会ならではの食べ物その2「社日餅」

放生会,社日餅,
 
外はモチモチで中は粒あんの焼きもちです。
太宰府天満宮の「梅が枝もち」に似ています。
 
白とよもぎと2種類あります。
お土産にもいいかも知れません。
 

筥崎宮放生会の楽しみ方!

放生会,露店,

 

放生会の楽しみ、その1「露店」

放生会一番の楽しみは露店だと思います。
大鳥居から境内まで約1キロ続く参道。
 
この参道の両側にズラリと露店が並びます。
その数約700店舗!
 
放生会期間中は150万人の人で
賑わいます!
 
露店定番のとうもろこし、焼き鳥、かき氷
その他すべて揃っています!
 
昔放生会で亀を放流していたそうで、
その名残で亀売りの露店が多いです。
 
亀だけでなく金魚、ひよこ、ウナギと
色々あります!
 
その中でも珍しいのが、
昔ならがの「お化け屋敷」と「見世物小屋」。
 
個人的には見世物小屋には
入らないことをおすすめします・・・

放生会,お化け屋敷,

放生会の楽しみ、その2「御神輿行列」

放生会,御神輿行列,
 
放生会の見どころは、御神輿行列。
2年に一度、奇数の年に行われる御神輿行列は、
「御神幸(ごじんこう)」とも呼ばれています。
 
清道旗と呼ばれるおしるしを先頭に
筥崎宮周辺を練り歩きます。
 
今年は2018年。
奇数年ですから御神輿行列を見ることができませんね。
来年にとっておきましょう!
 
 

放生会の楽しみ、その3「おはじき」「チャンポン」

もう1つ放生会で欠かせないものは
「おはじき」と「チャンポン」
です。
 
「おはじき」は博多人形の職人の手作りで、
毎年すぐに売り切れてしまいます。
放生会,おはじき,
 
「チャンポン」は吹いて音を鳴らすもので、
食べ物ではありません。
 
「ピーヒョロロ」みたいな音がします♪
巫女さんが絵付けをしていて、
おはじき同様放生会の定番メニューとして大変人気です。
放生会,チャンポン,
 
 

筥崎宮放生会のアクセスは?

筥崎宮の地図です。
 
 

住所:福岡県福岡市東区箱崎1-22-1
電話:092-641-7431
 
放生会の時期は非常に混雑します。
けっこう筥崎宮の近くまで有料駐車場はありますが、
ほとんど満車状態です。
 
放生会,駐車場,
 
駐車場を探して時間が掛かったり、
筥崎宮周辺は路地が細いので車の運転の苦手な方は、
公共交通機関で行くほうがいいかも知れません。
 
JRを利用する場合は、
博多駅からは、JR鹿児島線に乗って、
「箱崎駅」から徒歩10分。
「吉塚駅から徒歩14分。
(通常、快速電車は箱崎駅を痛快しますが、期間中は臨時停車してくれます。)
 
福岡市営地下鉄を利用する場合
「筥崎宮宮前駅」(1番出口)から徒歩3分です。
 
西鉄バス
箱崎バス停より徒歩3分。
(期間中は交通規制のため、小学校と県立図書館の前の臨時バス停になります。)

筥崎宮放生会の駐車場は?

 とにかく夜まで人が多いです!近くのコインパーキングもいっぱいになりますから基本車では行かないほうがいいです!
 
しかし、どうしても車で行きたい方は国道3号線沿いにコインパーキングがあります。
 
もしくは県道21号線沿い(九大正門入口交差点から筥崎宮横交差点)にある
コインパーキングもいいと思います。
 
平日はまだいいですが、15、16、17日の連休は混雑が予想されますので、
少し歩きますが、遠くのほうが安心して停められます。

まとめ

放生会,福岡,

毎年楽しみにしている方も多いと思います。
来場者数が150万人と言われていますが、
約1週間、朝から夜まで開催されているので、
初詣ほど込み合うことはありません。
 
今は本当に少なくなった「昔ながらのお祭り」を楽しむことができます。
 
最後に放生会で気を付けてほしいのが、砂埃。
舗装されていな場所もありけっこう砂埃が舞い上がります。
オシャレ女子は嫌かも知れませんが、
マスク着用したほうがいいかも知れません。
 
行かれたことがない方はぜひ様々な露店を楽しまれてみてください!
楽しいイベントになりますように♪
スポンサーリンク

コメントを残す

ページの先頭へ